いつもありがとうございます。clairです。

恥ずかしながらプロフィールにも書かせて頂いているのですが、こういったお仕事に就く前までは「見た目に無頓着な方の人間」でした。

とまぁ、そんな事を言っても以前の私よりは「あか抜けた」とか「きれいになった」と言われます。

これは私がパーソナルカラーの結果や 骨格診断とイメージコンサルティング を自分で実践しているからだと思います。

今日はそんな私のお恥ずかしい昔話について少しお話をさせて頂きます。

つまりあか抜けない私が「あか抜けの方法知った」お話にも少し繋がります。

お読み頂けましたら何かの参考になるかもしれませんので是非お付き合い頂ければ・・・と思います。

ブルべ冬骨格ストレートが遭遇したナチュラルファッション時代

まずブルべ冬骨格ストレートの私の昔話です。

実は私の昔話に「流行りのお洋服を身に着けてもどうしてもあか抜けない方の原因」が全て詰まっていたのです。

(まずはどうしてダサかったのか・・・という昔話になりますので興味のない方は飛ばして頂いて構いません。)

今から十年程度昔のお話です。当時私は30代で、息子と娘は小学生でした。

その当時の「小学生のお母さん」というのは、流行りのファッションの雰囲気が「ナチュラルテイスト」というのもあり、そういう雰囲気のお洋服が流行っていたように思います。

雑誌で言うと「リンネル」さんのような「ざっくりした柔らかく自然な雰囲気で、緩いシルエットのカジュアル」というような感じのお洋服ですね。

ナチュラルファッション

同じアラフォー世代の方はご存じだと思いますが、「森ガール」だとか「カメラ女子」というナチュラルテイストの雰囲気が好まれた時代だったのかなぁ?と思います。

ですので私も「こういったお洋服を身に着ければオシャレになるんだ」と思い買い求めました。

はい。これが私のあか抜けない原因だった訳です。

どういう訳か、「流行りのお洋服のハズなのに、私が身に着けると全くあか抜けない」と感じたのです。

こうなると「私はオシャレのセンスが無い」と思い、何をしても無駄だと決めつけてしまったのです。

そして自分がオシャレになるのは無理だと思い、自分の外面に対してどうにかする事を諦めてしまったのです。

今になって思えば、「当時のファッションでどうしてあか抜けなかったのか?」という理由がわかりますので少しひも解いてみますね。

あか抜けない3つの理由

ブルべ冬・骨格ストレートの苦手要素 その1「イエローベース」

まず似合わない苦手要素のその1です。これはパーソナルカラーです。
実は私の似合う要素の第1が「色相の青み」なので、完全なブルーベースなのです。

しかもかなり突出しているのです。これはブルべ冬だからという訳では無いので安心してくださいね。

1にも2にもまずは「青み」が大前提な私は、当時の「ナチュラル」なファッションの「ベージュ」や「こげ茶」でどうしても「顔が黄みに寄り過ぎてあか抜けない雰囲気」になっていたのです。

ブルべ冬・骨格ストレートの苦手要素 その2「似合うイメージとの距離感」

続いて、似合わない苦手要素のその2が「ファッションのイメージ」です。

これはブルべ冬・骨格ストレートという部分より、顔と体全体のイメージから導く割合が大きいです。

私の似合うイメージは、やや男性っぽい要素とか、可愛いよりはキレイ寄り。
どちらかというとあまり飾り過ぎない雰囲気が似合います。

しかも、パーソナルカラーのイメージも冬なのでどうしても「クール」側に寄りますね。
なので甘いような雰囲気だったり、重厚感が少ないカジュアルすぎる要素はあまり得意ではありません。

そんな私が当時の流行りの「ナチュラル系」を合わせても、あのふんわりした雰囲気との馴染みは良くありません。

ですので私のイメージとファッションのイメージとの距離感が大きすぎてしまい、イメージのミスマッチが起きてあか抜けない要素となってしまいました。

ブルべ冬・骨格ストレートの苦手要素 その3「ざっくり・ふんわりシルエット」

最後の苦手要素、その3が体形カバーのお話です。

骨格ストレートさんはどちらかと言うと体にボリューム感があります。

ですから、ふんわり体を覆い隠すようなデザインを持って来ると、今ある体のラインよりもっと膨らんで見えてしまいます。

つまり体形隠しになるはずの「ざっくりシルエットが逆に着ぶくれしてしまう」原因になったり、自然で柔らかいシルエットがだらしなく見えたりしたのです。

あか抜けの法則は、色とイメージとデザイン

先ほどの私のダサい時代のお話の中の3つのポイントこそが、「あか抜けの要素」の大きなポイントだと思います。

あか抜けの法則その1「似合う色を知る」

まず第1の法則は、似合う色を知る事という事で、パーソナルカラー診断です。

これはパーソナルカラーでニュートラルタイプや、イエローベースの人は気が付きにくいかもしれません。

それはブルーベースで発色が良いと思うお洋服を沢山は見かけないからです。

ですので、もし茶系やベージュ系を合わせて「何となく顔がスッキリしないなぁ」と感じたり、流行りのお洋服の色が「あまりぱっとしない」と感じられたりしている方は、ブルーベースもしくは、ブルーベースでもかなり青みに寄った方なのかもしれませんね。

逆に、便利だからとか無難だからとかで黒やグレーばかり選んでいるのに、「何となく洗練された雰囲気が出ないなぁ」と悩んでしまう方は、イエローベースかもしれません。

以前のエントリーでも「パーソナルカラーの色の効果」について少しお話をさせて頂きましたが、パーソナルカラーは色の効果がどう働くかをみてまいります。

似合う色というのは、その方の雰囲気がグッと良くなりますし、反対に足を引っ張る色というのは、その方の良さを打ち消してしまう可能性があるのです。

ですので似合う色を知って、それを(特に上半身に)合わせるというのは、あか抜け要素になっていきます。

あか抜けの法則その2「似合うイメージを知る」

続いての法則その2が似合うイメージのお話です。

これは骨格からも導く場合もありますが、基本的には「顔+骨格」だと思います。

やはり可愛らしい雰囲気の方は、クールでシックな雰囲気のお洋服を合わせるより、その方の持っている雰囲気に近いお洋服の方が馴染みが良いですね。

流行りのお洋服が何となくあか抜けないという方は、流行りと似合うイメージとの距離感があるのだと思います。

そういう場合は似合うスタイルの雰囲気を活かして、流行りのポイントを取り入れるというのが一番のあか抜けになります。

つまり自分の魅力や長所をしっかり知るというのはあか抜けポイントになるという事です。

あか抜けの法則その3「スタイルが良く見えるお洋服を選ぶ」

最後が骨格診断でいう所のスタイルアップ、つまし着こなし術です。

これは骨格タイプによって身体的な特徴がありますので、これらをバランスよく見える方法を知るという事になります。

例えば、私と同じ骨格ストレートさんはかなりメリハリのあるボディなので、あまり体を覆うような服を着るよりは、体のラインに沿った方がスタイルアップに繋がるという事になります。

ただ、これも人によって気になる部分が違うので何が何でも体にそったラインが良いかどうかは、細かな診断で導きます。

体に沿ったラインより、模様でスタイルアップを出したり、丈感や襟や袖のデザイン一つをチョイスしても、スタイルアップに繋がります。

つまりスタイルが良く見えるデザインを知る事は、スタイルアップつまりあか抜けに繋がります。

最後に

私の昔話は「あか抜けない要素」の全部が詰まっていましたね。

・似合う色を知れば、色の効果で雰囲気がグッと良くなったり、色の効果でより素敵な部分が引き出されたりします。

・似合うイメージを知れば、イメージを崩さない程度で流行りの要素を取り入れる事が出来ます。

・スタイルアップの方法を知っていれば、体のラインがきれいに見えるお洋服の形や素材を知る事が出来ます。

この3つのあか抜けの法則を知れば、より洗練されたイメージになっていきますよ。

つまりあか抜けの法則は、色とイメージと形です。

あか抜けない理由は、「あなたのセンスの問題では無くて、単に自分の似合うものをまだ知っていない」だけなんです。

clairではパーソナルカラー診断以外にも顔輪郭パーツ診断と骨格診断を組み合わせたスタイル診断を行っております。

個人診断以外にも、定期的にグループレッスンも設けておりますので、是非あなたの似合うものをclairで知って下さいね!

今回のお話しも動画にしています。良ければこちらもご覧ください。

パーソナルカラー骨格診断
骨格診断αイメージコンサルティング
数秘&カラーアドバイス
「clair(クレール)」

大阪市旭区今市1-18-11
グレイスビル401 
大阪メトロ太子橋今市
徒歩約1分

土曜日・日曜日・祝日営業
・20:30まで営業*要ご予約

・大阪市立鶴見区民センター出張診断可
(区民センター営業時間内)
・勉強会も随時開催中です
・お子様連れの診断が可能です
(事前にお知らせください)